home

みずかみ歯科・矯正歯科クリニック

よくある質問

どんなドクターが治療してくれるのですか?

矯正治療経験者である「日本矯正歯科学会認定医」の女性ドクターが、豊富な知識・経験を活かして、お一人おひとりに最適な矯正治療をご提供させていただきます。

矯正治療の期間を教えてください

患者様によっても異なりますが、ブラケットによる治療は、一般的に2~3年程度とされています。

矯正装置を目立たせたくないのですが…

「審美ブラケット」「マウスピース矯正(インビザライン)」「リンガル矯正(裏側矯正)」などで治療しますので、見えない矯正治療なら矯正装置が目立つ心配はありません。
安心してご相談ください。

矯正装置を装着した時の違和感が心配です…

従来の矯正装置では、痛みなどの違和感が生じることが多かったのですが、今では色々な矯正装置が開発されていて、昔よりも快適に矯正治療が受けられるようになっています。

矯正中の虫歯が心配です…

固定式の矯正装置の場合、どうしてもブラッシングがしにくくなり、虫歯・歯周病などの病気リスクが高くなります。

当院では、一般歯科治療にも対応しているので、矯正前の虫歯・歯周病の治療はもちろん、矯正中の様々なお口のトラブルに適切に対応できます。

矯正治療の費用はどのくらいですか?

詳しくは「料金と医療費控除」のページをご覧ください。

矯正治療の費用は医療費控除の対象となり、確定申告で税金の還付・住民税の減額が受けることが可能です。

できる限り費用を抑えたいということでしたら、部分的に歯並びを改善させる「部分矯正(MTM)」もご提案させていただきます。

医療費控除とは何ですか?

医療費控除とは、患者様ご本人や、生計をともにするご家族が、1年間(1月1日から12月31日まで)に支払った医療費が10万円以上の場合、税務署に確定申告することで、税金の還付・住民税の減額が受けられる制度です。

カウンセリング料はかかりますか?

矯正カウンセリングの費用は3,000円(税抜)となっていますが、定期検診時へお越しになった時に、「歯並びの乱れが気になるのですが…」とご相談いただいてもかまいません。

その際、カウンセリング料はかかりません。

子供の矯正治療はいつから始めればいいのですか?

お子様によっても異なりますが、下顎の前歯の永久歯が4本生え揃った時が目安となります。(受け口は例外)

お子様お一人おひとりのお口の状態を詳しく確認したうえで、適切なタイミングをご提案させていただきます。

子供の矯正治療はどうして大切なのですか?

顎の骨格の成長発育を利用して矯正できるのは、お子様のうちだけです。

成長過程にある顎の骨格を正しい方向に導くことで、少ない負担で歯並びが改善できる場合があります。

子供の悪い歯並びを放っておいたら、どうなりますか?

悪い歯並びをそのままにしておくと、お口の中だけでなく、全身にも様々な悪影響がおよぶ恐れがありますので、できるだけお早めにご相談ください。

大人になってからでも矯正治療は受けられますか?

もちろんです。基本的に、矯正治療に年齢制限はありません。

50歳を過ぎてから、矯正治療を始められた方もおられます。

成人男性が矯正治療を受けるメリットを教えてください

グルーバル化が進む今、海外のビジネスシーンのスタンダードに対応するために、歯並びを気にする男性が増えています。

「初対面の方に与える第一印象が良くなる」「取引先との会話に自信が持てるようになる」「恋愛へ積極的になれる」など、様々なメリットがあります。

成人女性が矯正治療を受けるメリットを教えてください

歯並びは、その方の印象を左右する重要な要素です。

歯並びが良いだけで、お顔が明るくなり、笑顔も魅力的に見えるようになります。

医院からのお知らせ

Facebookページ

オフィシャルサイト

top