home

みずかみ歯科・矯正歯科クリニック

矯正装置について

色々な矯正装置が開発されています

昔よりも快適になりつつあります

昔よりも快適になりつつあります

「矯正装置が目立って、口元の印象が悪くなる」「痛みなどの違和感がある」「食事が上手く食べられなくなる」と、矯正装置を装着することに不安を感じられている方も多いはず。
しかし、過度にご心配いただく必要はないと思います。

今では、乳白色・透明なブラケットを使用する「審美ブラケット」や、薄くて透明なマウスピースを使用する「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」など、目立ちにくい矯正装置がなども開発されていて、昔よりも快適に矯正治療が受けられるようになっています。

ネガティブな側面がクローズアップされることの多い矯正治療ですが、日常生活を送るうえで感じる不便・不快感を軽減することは可能です。

安心して、箕面市・阪急桜井駅前のみずかみ歯科・矯正歯科クリニックまでご相談ください。

豊富な矯正装置をご用意しています

審美ブラケット

目立ちにくい、乳白色・透明なブラケットを使用した矯正装置です。

硬いセラミック製と、柔らかいプラスチック製の2種類をご用意しています。
スポーツをされている中高生などには、転倒時などに怪我をしにくいので、柔らかいプラスチック製をおすすめしています。

審美ブラケットにホワイトワイヤーを組み合わせることで、さらに審美性を高めることができます。
口元の見た目を気にせずに、安心して矯正治療を受けたい方などにおすすめです。

メリット

  • 金属製の矯正装置と比べて、目立ちにくい
  • 幅広い症例に対応可能

デメリット・リスク

  • 歯の表側に装着するので、リンガル矯正(舌側矯正)のように矯正装置が隠れるわけではない

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

薄くて透明な、マウスピース型の矯正装置を使用して、歯並びを整える方法です。
矯正装置はほとんど目立ちません。

ご自宅で簡単に取り外せるので、矯正治療前と同じように、しっかりとブラッシングしたり、食事を楽しんだりすることができます。

マウスピース型矯正装置には色々な種類がありますが、当院では幅広い症例に対応可能な「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」を採用しています。

メリット

  • 矯正装置がほとんど目立たない
  • ご自宅で簡単に取り外せるので、今まで通りブラッシング・食事ができる
  • 定期的にマウスピースを取り替えるので、衛生的
  • 従来の矯正装置よりも痛み・違和感が少ない
  • 「クリンチェック」と呼ばれるコンピュータ画像で、事前に歯並びの仕上がりが確認できる
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット・リスク

  • 決められた時間、きちんと装着していないと、十分な効果が得られない場合がある

リンガルブラケット矯正(舌側矯正)

歯の裏側に、矯正装置を装着させる方法です。
歯列で隠れるので、矯正装置は見えません。

リンガル矯正は、ドクターの技術力が求められる治療方法ですが、当院の矯正担当医は日本矯正歯科学会認定医ですので、安心してお任せください。

「できる限り、矯正装置を目立たせたくない」「仕事柄、矯正装置が目立つと困る」という方などにおすすめです。

メリット

  • 歯列で隠れるので、矯正装置が見えない
  • 歯の裏側は唾液腺が多いので、唾液の静菌・殺菌作用によって虫歯の発生が抑えられる

デメリット・リスク

  • 歯の表側に矯正装置を装着した時よりも、違和感が大きい場合がある

部分的な矯正治療(MTM)

歯列全体ではなく、気になる部分の歯並びだけを整える方法です。

通常の矯正治療よりも、短期間で治療を終えることができ、費用も抑えられます。

「前歯など、気になる部分の歯並びだけを整えたい」「できるだけ短期間で矯正治療を終えたい」「費用を抑えて矯正治療を受けたい」という方などにおすすめです。

メリット

  • 気になる部分の歯並びだけが整えられる
  • 通常の矯正治療よりも、短期間・低コスト

デメリット・リスク

  • 歯並び全体の噛み合わせを改善することは難しい

薬機法において承認されていない医療機器について

みずかみ歯科・矯正歯科クリニックでは、マウスピース型矯正装置の「インビザライン」を利用しています。この治療・処置は「医薬品医療機器等法(薬機法)」においてまだ承認されていない医療機器を用いた治療・処置となり、ウェブサイトにて患者さまへの情報提供を行うにあたって、「限定解除の4要件」を満たすための記載を以下に掲載いたします。なお、当院は上記2つのマウスピース型矯正装置の有効性を認め導入をしております。

1、未承認医薬品等であることの明示

インビザラインは、薬機法上の承認を得ていません。

2、入手経路等の明示

インビザラインは米国のアライン・テクノロジー社より入手しています。

3、国内の承認医薬品等の有無の明示

無し

4、諸外国における安全性等に係る情報の明示

世界100か国以上の国で提供され、これまでに800万人を超える患者様が治療を受けられていますが、重篤な副作用の報告はありません。(2020年1月時点)
日本においては、薬機法未承認の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

医院からのお知らせ

Facebookページ

オフィシャルサイト

top